facebook
HIRAI Dental Clinic平井歯科医院 医院案内 院長案内 診療案内
治療の流れ アクセス Media

Dental Media

歯の予防や治療法など、歯医者が配信するデンタルメディア

2018年6月18日
ホワイトニング

白い歯へ!ホームホワイトニングのやり方・期間・費用

「鏡を見たときに、歯の黄ばみが気になる」
「芸能人のような白く輝いている歯に憧れる」

など、歯を白くしたいときに、ホワイトニングをしてみたいなと思うことってありますよね。

とはいえ、歯医者に通う時間や手間がネックになって、ホワイトニングをする気にならないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自宅で好きなときに歯を白くできるホームホワイトニングについてご紹介していきます。

この記事を読んで、自信が持てる白く美しい歯を手に入れるための近道を知りましょう!

 ThinkstockPhotos-843012422.jpg

ホームホワイトニング前に知っておきたい2つのポイント

ホームホワイトニングに限ったことではありませんが、「ホワイトニングを受けようかな?」と迷っているときには、以下の2つのポイントを事前に知っておくと良いでしょう。

  1. ホワイトニングできない歯もある
    以下のような歯は、ホワイトニングをしても歯が白くならない・なりにくい場合がありますのでご注意ください。

    ・神経を抜いた歯
    ・神経が死んでしまって変色した歯
    ・人工歯(被せものor詰めもの)
    ・薬など影響で歯が縞模様やグレー・茶色に変色している
    ・歯が外傷を受け変色している など

    また以下のような方は、ホワイトニングができない・お断りすることがあります。

    ・知覚過敏症の方
    ・重度の虫歯や歯周病がある方
    ・妊娠中の方 など
  2. ホワイトニングをしても永久に歯が白くなるわけではない
    ホワイトニングは、1度ホワイトニングをしても永久的に歯の白さを維持できるものではありません。
    歯の白さを継続するためには、タッチアップ(定期的な追加のホワイトニング)が必要になります。
    ちなみにホームホワイトニングは、オフィスホワイトニング(歯医者でホワイトニングする方法)に比べると、色が戻りにくく費用も安いです。
    そのため、歯の白さを長期的に保ち続けたい方にはオススメのホワイトニング法だといえるでしょう。

ホームホワイトニングのやり方・手順

ホームホワイトニングは、自宅でホワイトニングジェルを流し込んだトレー(マウスピース)を歯にはめて薬剤を浸透させ、歯を白くするホワイトニング法です。
施術する手順は、以下を参考にしてください(お口の中の状態によって通院回数が増える場合もあります)

【通院1回目】
1.カウンセリング
ホワイトニングについての説明をしてから患者さまのご希望の歯の白さなどを伺い、お口の中の状態をチェックします。

2.クリーニング
ホワイトニングの前処置として、お口全体の清掃を行います。

3.ホワイトニング前の記録・撮影
ホワイトニング前の歯の色を歯の色見本と照らし合わせて確認。カメラで撮影して記録します。

4.ホワイトニング用のトレーの型取りをします。

【通院2回目】
1.完成したホワイトニング用のトレーを患者さまのお口にあわせて、問題がないかを確認をします。

2.特に問題がなければトレーやホワイトニングジェルをお渡しします。ご自宅でのホワイトニングを始めましょう!

ホームホワイトニングの施術期間・時間

基本的なホワイトニングの施術期間は、2週間です。

患者さまの歯の状態や希望に合わせて、1日2時間を上限にトレーをつけて生活していただきます。

ホワイトニング後はすぐに飲食をしないほうが効果が高まるため、できるだけ食後の歯磨きを終えたタイミングを狙って、ホワイトニングタイムをつくりましょう!

テレビなどを見ながら、ゆっくりホワイトニングしてみてくださいね。

 

ホームホワイトニングの費用

一般的に、人から見える面積の多い上の歯はホワイトニングに適しています。当院では、上下セットでの施術を希望される方が多いです。

【初回(マウスピース代込)】
・上の歯:3万円(税抜)
・下の歯:3万円(税抜)

【2回目以降(追加のホワイトニングジェル代のみ)】
2回目はすでにトレーがあるため、追加のホワイトニングジェル代のみがかかります。そのため、費用は初回よりも安いです。

・ホワイトニングジェル代:1本あたり3,500円(税抜)
※ジェルの減り方は、トレーの大きさやホワイトニングをする範囲によって違うため個人差があります。

 

ホームホワイトニングした歯の色戻りを防ぐ4つのコツ

ホワイトニングをしても歯の白さは永久的に続くわけではありません。
ホームホワイトニングであれば、ホワイトニング効果が持続するのは短くて3ヶ月、長くて6ヶ月~1年程度です。

ホワイトニングした歯の色が元に戻ってしまうのをできるだけ防ぐために、ホワイトニング後は以下の4つのコツを実践しながら生活しましょう。

  1. ホワイトニング期間中は再着色を避ける
    ホワイトニング後、24時間以内はいつもより歯に色がつきやすい状態になっています。
    そのため、ホワイトニング期間中(2週間)は、タバコ・着色しやすい色のついた食べ物や飲み物はできるだけ避けたほうが良いでしょう。
    逆に色が白い・透明な食べ物は、ホワイトニング後でも歯に色がつきにくいです。

    【着色しやすい食べ物・飲み物の例】
    コーヒ・コーラ・紅茶・赤ワイン・ジュース類・焼きそば・カレーライス・醤油・レモン・チョコレートなど

    【着色しにくい食べ物・飲み物の例】
    水・牛乳・ヨーグルト・米・塩ラーメン・白クリーム系のパスタ・白だしうどん・白身魚(塩味)・お吸い物など
  2. ホワイトニング用の歯みがき粉を使う
    ホワイトニング期間後も、毎日の歯みがきで再着色を防ぐと歯の白さを長期的に保てます。

    オススメはホワイトニング用の歯磨き粉
    ・ブリリアントモア
    ・APAGARD(アパガード) プレミオ
    上記のような歯の表面に付いた色素を分解・除去する成分が入った専用の歯磨き粉を併用しつつ、今まで以上にしっかりブラッシングをして歯に色がつくのを防ぎましょう。
  3. 定期検診に通ってプロの清掃を受ける
    どんなに毎日歯みがきを頑張っていても、ブラッシングだけでは取り切れない汚れが存在します。
    そういった汚れは、プロの手を借りて定期的に落とすようにしましょう。より、白い歯をキープしやすくなります。
  4. 追加のホワイトニングを適切なタイミングでする
    どんなに再着色を防ぐためのケアをしていても、ホワイトニングの効果は自然になくなり、徐々に元の歯の色に戻っていきます。
    そのため個人差はありますが、ホームホワイトニングの場合は、半年~1年を目安に追加のホワイトニング(タッチアップ)をすると良いでしょう。
    普段の生活で再着色を防ぎつつ、定期的に追加でホワイトニングをしていくことで、白く美しい歯をキープし続けられるようになります。

 

ホームホワイトニングとクリーニングの違い

患者さまの中には、歯医者でクリーニングをすれば、歯の汚れが落ちて歯が白くなると思っている方もいます。

しかし、ホームホワイトニングとクリーニングは、以下のように全く違ったものです。

【クリーニング】

  • 歯石や歯垢など、歯の表面についている汚れを取り除く処置のこと
  • 保険適用のため、費用はあまりかからない(3割負担で約3,000円程度)
  • 歯の表面の汚れがひどい方は、クリーニングのみでも歯が白くなることがある
  • 歯そのものの色を変えることはできない
  • 歯科医院内で施術がおこなわれる

【ホームホワイトニング】

  • 歯そのものの色を白くすること(漂白やブリーチングとも呼ばれている)
  • 自費治療にあたるため、費用がかかる
  • 歯を本来の白さ以上にすることが可能(芸能人のような)
  • 歯医者でホワイトニング用のトレーをつくった後は、自宅でケアできる

ですので、もし「歯を今以上に白くしたい」といった希望がある場合には、ホームホワイトニングを選ぶようにしましょう。

歯医者のホワイトニングには、大きく分けて歯科医院で処置をおこなう「オフィスホワイトニング」と患者さまが自宅でケアできる「ホームホワイトニング」があります。

大まかな違いは、以下のとおりです。

 ホームホワイトニングオフィスホワイトニング
効果を実感できる速度 2週間 1~4回
色戻り 6ヶ月~1年 3ヶ月~半年
追加費用 約3,500~15,000円 約1万~5万
施術時間 1回あたり上限2時間 1回あたり約1時間
手間 自分でケアしなければならない 通院しなければならない

※期間や費用などは、あくまでも目安です。個人差や歯科医院によって違いがあります。

ホームホワイトニングは薬剤を2週間ほどかけてゆっくり浸透させるため、色が戻りにくいです。

また、追加のホワイトニング代も安く済むため、長期的に歯の白さを維持したい方にオススメの施術でしょう。

一方で、即効性の高いオフィスホワイトニングは、1回の処置からでも歯が白くなったことを実感できます。結婚式などのイベント前に急いで歯を白くしたい方に向いているホワイトニング法です。

ただし、追加であっても料金が安くなるわけではないので、トーンアップや歯の白さを維持するためにホワイトニングの回数が増える場合には費用がかさみます。

ちなみに、当院では患者さまの通院や費用の負担が少ないホームホワイトニングのみを取り扱っています。

歯の白さは、笑顔に自信をもたらしてくれます。

また、白い歯は肌の透明感や明るさなどのイメージアップにもつながるため、女性はもちろんのこと、人と対面することの多い接客業の男性にもホワイトニングはオススメできます。

ホームホワイトニングであれば、仕事で忙しく歯医者に通院する時間を取れない人でも、ホワイトニングを継続しやすいでしょう。

もし、歯の色味が気になるなと感じているときには、一度相談をしにきてくださいね!