facebook
HIRAI Dental Clinic平井歯科医院 医院案内 院長案内 診療案内
治療の流れ アクセス Media

Dental Media

歯の予防や治療法など、歯医者が配信するデンタルメディア

2018年1月19日
虫歯

神経を抜く前に治療をする6つのメリットを知っていますか?

歯の神経を抜くのが良くないことは"何となく"みんな知っていますよね。

それでも、歯医者に行くのが後回しになって、神経を失ってしまう人がたくさんいるのは、本当の意味での歯の神経を守るメリットを知らない人が多いのではないでしょうか?

今回は、そんな神経の重要性をあなたに知ってもらうために、歯の神経を守るメリットをまとめてみました

歯の憎き敵である虫歯菌と戦うためにも、自分の歯の要となる「神経」への理解を深めていきましょう。

あなたにとって歯の神経を守るメリットは大きい

歯髄(しずい:歯の神経)は、歯にとっての心臓です。      
図にもあるように、神経細胞や毛細血管が多く通った組織で、歯を守るために様々な働きを担ってくれています。

sizui.jpg

そのため、歯髄を残せるように心がけることで、次にご紹介する6つのメリットをあなたは得られるでしょう。

 

1.歯の異常に気づける

歯髄に通う神経細胞は、歯の異常をあなたに知らせてくれるセンサーです。

・冷たいものや熱いものがしみる
・かむと痛い、ズキズキする
・浮いた感じがする(違和感がある)

こういった症状を感じることで、歯医者に行くキッカケができ、虫歯が重症化する前に治療をすることができます。

そのため、たとえ虫歯になっていたとしても神経さえあれば、歯の寿命を伸ばせる段階で処置をできる可能性が高くなるでしょう。

 

2.強い歯を保つための栄養源を摂取できる

歯髄に通う毛細血管は、木の根と同じ役割を果たしてくれます。

木が土から栄養を吸い上げるように、毛細血管も水分や酸素・栄養源を体から象牙質に運んで、健康で強い歯を維持してくれるのです。

逆に神経がない歯は、必要な栄養素などを供給できなくなり、「枯れ木」のようにもろくなってしまいます。

 201801_2.jpg

3.歯を守ってくれるガードマンになる

神経は虫歯が進行しないように、以下のような働きであなたを守ってくれるガードマンです。

・健康な歯への虫歯菌の侵入を防ぐ(免疫機能を高める)
・虫歯になりかけた象牙質を再生してくれる

そのため、もし神経を取ってしまった場合には、歯そのものがもろくなるため、割れたり欠けたりしやすくなってしまうでしょう。

 

4.お口の中で料理を楽しむ範囲が広がる

料理は舌で感じるもの!と思っている人も多いかもしれません。

しかし、歯ざわりや歯に感じる冷たい・熱いといった神経による感覚も、食事をおいしく楽しむためには非常に重要です。

お口の中で料理を味わう範囲を狭めないためにも、1本1本の神経を大切に守っていきましょう。

 

5.治療回数や費用を抑えられる

神経を抜く前に処置ができる場合には、1歯あたりの治療が1回~2回で済むケースがほとんどです。

そのため、患者さんにとっても歯医者に通院する回数や費用などの負担が少なくなるでしょう。具体的な治療方法については、記事の後半で詳細にご説明いたします。

 

6.審美性が高くなる

神経を取る前に虫歯の治療ができると、健康な歯を削る面積が少なくなるため審美性が高くなります。

逆に神経を抜いてしまった場合には、以下の2つ点で口元の印象が損なわれやすくなるでしょう。

1.神経を抜いた影響で血液が流れなくなり、歯が変色しやすくなる。
2.神経を抜くと、銀歯のかぶせ物になるため悪目立ちする。(保険治療の場合)

白く美しい歯を保ちたい人は、虫歯を進行させないように注意してくださいね!